« 移転外リース取引の消費税  分割控除が認められる特例の公表 | トップページ | 『フィクサー』(2007年、アメリカ映画) »

『ハッピーフライト』(2008年、日本映画)

原田機長 「こういうときはまず笑えと教えている」

札幌東宝公楽で矢口史靖監督の『ハッピーフライト』を見てきましたairplane

飛行機の裏側で働く人々を描いた映画wrench

機長昇格テストでホノルル行きのフライトを操縦することになったコー・パイ(副操縦士)の鈴木(田辺誠一)は試験を担当する温厚な機長が風邪をひき、急遽代わりに威圧感バリバリの原田機長(時任三郎)が現れ、大変なフライトが始まることになる。

操縦士、CA、グランド・スタッフ、オペレーション・コントロール・センター、整備士、管制官の各セクションが臨場感持って描かれ、それぞれで新人たちがベテランの先輩たちからプロの仕事を学んでいく様子が語られる。

シナリオは登場人物たちの背景とか人間関係などのフライト以外の部分は極力そぎ落とされ、笑いと緊張のバランスが良いエンターテイメント作品に仕上がっている。

脇役が生き生きしている映画は面白いeye

まずはこの人が出る映画は必ずおもしろい、その1は

岸部一徳。今回もパソコンは苦手だが、非常時には力を発揮するオペレーション・ディレクターを演じ、いつものいい味を出している。

その2は、ライン整備士役の田中哲司。『それでも僕はやっていない』や『魂萌え』などいい作品に出ている。

その3は笹野高史。カツラ着用の乗り物に弱い乗客を演じ、綾瀬はるかのCAとの絡みはとにかく笑える。

女優さんたちも魅力的。

綾瀬はるかはその天然的キャラが役柄と見事に合うと同時に失敗続きでトイレで泣くシーンは本当に同情してしまうが、その後の立ち直りの笑顔も見事でコメディアンヌの才能がある。

吹石一恵、寺島しのぶ、田畑智子は実力を発揮しているが、この映画で新たな魅力的な女優2人を発見してしまった。

1人目は田畑智子の下でグランドスタッフを修行中の吉田美樹役の平岩紙。そのユニークな個性は今後かなり活躍しそう。

2人目はディスパッチャー・カンパニー無線担当中島詩織役の肘井美佳。有能なOCCスタッフの役をはつらつとした感じで演じるとともに父親ぐらいの上司岸部一徳に見せる眼差しの柔らかさと表情が豊かでこれから人気が出るだろう。

監督の矢口史靖は『秘密の花園』『ウォターボーイズ』『スウィングガールズ』など、ディテールの正確さと本物へのこだわりを持ちながら類まれなるコメディセンスに溢れ映画を作り続けてきたがこの『ハッピーフライト』もその実力を十分見せつけてくれる。1時間43分という時間も嬉しく、今年を代表する語り口のうまい楽しい緊張感のある映画となっている。

PS.今日は東宝公楽で見たのですが、この人気映画でお客さんが10人ぐらい。35年ぐらいこの映画館に来ていますが、何だかこの映画館は大丈夫なのかなと心配になってしまいました。

Happyflight_1029 Happyflight_2030

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 移転外リース取引の消費税  分割控除が認められる特例の公表 | トップページ | 『フィクサー』(2007年、アメリカ映画) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047014/25783637

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハッピーフライト』(2008年、日本映画):

« 移転外リース取引の消費税  分割控除が認められる特例の公表 | トップページ | 『フィクサー』(2007年、アメリカ映画) »